ボランティアのみなさまへ あい丹後からのおしらせです

 新刊図書情報

4月に発売する図書をご紹介します。図書製作の参考にご利用下さい。
※発売前でも着手は可能ですが、サピエの着手状況によってはご希望に添えない場合があります。

1.『指名手配作家』 藤崎翔 著 (4月16日発売)
『神様の裏の顔』が25万部を超えるヒットとなったユーモアミステリーの実力派、著者渾身のピカレスク・ホームコメディ。

2.『リラと戦禍の風』 上田早夕里 著 (4月18日発売)
愚かで愛おしい人類の歴史を見守る不死の「伯爵」と少女リラ。彼らの旅路に巻き込まれた兵士は、やがて世界を変える夢を見る。
『破滅の王』の著者が壮大なスケールでおくる歴史ファンタジー!

3.『ていん島の記』 仁木英之 著 (4月25日発売)
聖山アマンディをいだき、遥か上空、雲の海に浮かぶ島“ていん”。民は山と川と空の三つの部族に分かれ、互いの領分を守って暮らしていたが、天が荒れて作物は育たず、獣の数も激減。長きにわたる凶作と飢えの末、部族間のいがみ合いは深刻化していた。仲間を飢餓から救うため、封じられし狼神の力を望んだ山人のムウマは、山と川の会合が行われた日、川人のライラとともに、空人の少女が川の聖地に墜落するのを目撃し――。
決して交わるはずのなかった三人が出会うとき、島の運命は大きく変転する!ベストセラー<僕僕先生>シリーズ著者が、新しい時代の幕開けに放つ、英雄冒険ファンタジーの極み。

4.『同潤会代官山アパートメント』  三上延 著 新潮社 (4月19日発売)
昭和と共に誕生し、時代の終わりに解体された日本最初期の集合住宅。そこで暮らす家族の姿を通して≪魂の住み家≫を描ききった感動作。

5.『むかしむかしあるところに、死体がありました。』 青柳碧人 著  双葉社 (4月16日発売)
皆さんご存じの《日本昔ばなし》を、密室やダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解く全く新しいミステリ!

 点訳ボランティアのみなさまへ

 ■点訳ボランティア育成研修会 (4月〜5月に全6回をあい丹後にて開催予定)
   「点訳のてびき 第4版」の改訂点を中心とした点訳の留意点等の研修会です。対象者には、案内を送付いたします。


 音訳ボランティアのみなさまへ

■丹音の会勉強会の日程

  平成31年4月15日(月) ひと・まち交流館 10:00〜
  平成31年5月20日(月) 松榮堂       10:30〜 (連絡先 足立・石井)

■音訳奉仕者のデジタル録音図書製作講習会及び育成研修会(平成31年に南部で開催予定)
  ※あい丹後の登録ボランティアを対象に、音訳の技術向上のため、講習会・研修会を開催します。
    対象者には、案内を送付いたします。
  

TOPに戻る