ボランティアのみなさまへ あい丹後からのおしらせです

 新刊図書発売情報

10月に発売する図書をご紹介します。図書製作の参考にご利用下さい。
※発売前でも着手は可能ですが、サピエの着手状況によってはご希望に添えない場合があります。

1.『水底のスピカ』 乾ルカ 著  中央公論新社 (10月7日発売)
 夏休み明け、北海道立白麗高校2年8組に、東京からひとりの転校生がやって来た。汐谷美令――容姿端麗にして頭脳明晰。
 完璧な彼女は学校中から注目を集めるが、些細な事からクラスで浮いた存在になってしまう……。
 学校祭準備で美令と友人となった、クラスで孤高を演じる松島和奈。
 そして美令が孤立する原因を作ってしまった、クラスのカースト上位である城之内更紗もまた、美令、和奈と深く関わってゆく。
 それぞれ秘密を抱える三人が向かう先に待つものは、そして美令の「私、神様の見張り番をしているの」という言葉の意味とは……。
 今、彼女たちの人生で、もっとも濃密な一年が始まった――。360ページ。

2.『世界の望む静謐』 倉知淳 著 東京創元社 (10月11日発売)
 あなたのことは、最初から疑っていました――漫画家を殺してしまった週刊漫画誌の編集者、
 悪徳芸能プロモーターを手にかけた歌謡界の元・スター、部下の裏切りに報復する人気タレント文化人、
 過去を掘り返そうとする同僚の口を封じた美大予備校の講師……彼らは果たして、いつ、何を間違えてしまったのか。
 罪を犯した者たちの前に、死神めいた風貌の警部が立ちはだかる。〈刑事コロンボ〉の衣鉢を継ぐ、大人気倒叙ミステリシリーズ!400ページ。

3.『小説家の一日』 井上荒野 著 文藝春秋 (10月13日発売)
 短篇の名手が、深遠なカタルシスを紡ぎ出す。
 すべて「書くこと」をテーマに、さまざまな日常の忘れられない瞬間を描いた珠玉の十篇!256ページ。

4.『京都四条 月岡サヨの板前茶屋』 柏井壽 著 講談社 (10月19日発売)
 落語家・桂飯朝のまくらも名調子が心地よい。細腕女子料理人、月岡サヨが一人で切り盛りする板前茶屋は、ひそかに評判。
 今宵もサヨの絶品料理を求めて、幕末の志士がお忍びで訪れる。月岡サヨシリーズ美味しさ倍増の第二弾!368ページ。

5.『負けない人生』 古川智映子  著  潮出版社 (10月20日発売)
 最愛の夫の裏切り、次々に襲いかかる病魔、NHK朝ドラ『あさが来た』の原案作『小説 土佐堀川』創作秘話まで。
 日々を生きていくなかで著者が常に心に留めていたのは、「幸福になりたい」「負けない」という2つの言葉でした。
 多くの人との出会い、そして人生の師匠からの励ましによって、著者の波瀾万丈の人生はやがて大きく拓かれていくことに。144ページ。

 音訳ボランティアのみなさまへ

■北部地区勉強会 開催のお知らせ
 日時 令和4年10月14日(金)13:00〜16:00
 場所 丹後視力障害者福祉センター2階研修室
 ※新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、中止させていただく場合があります。

■南部地区勉強会 開催のお知らせ
 下記のとおり3会場で分散して開催しますので、いずれかの日程でご参加ください。
 @日時 令和4年10月17日(月)10:00〜12:00
   場所 ひとまち交流館
 A日時 令和4年10月20日(木)13:30〜16:00
   場所 宇治市障害学習センター
 B日時 令和4年10月21日(金)13:30〜16:00
   場所 城陽市福祉センター
 内容 画面による校正及び訂正処理について
 ノートパソコンを持参して下さい。
 ※新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、中止させていただく場合があります。

TOPにもどる