生活相談・支援事業について

本が読みにくい…
まぶしくて見えにくい…
障害者手帳等の手続きが難しい…
「見えにくい」「見えない」ことでお困りなことはありませんか。
あい丹後では日々の生活に関する支援を行っています。気軽にご相談ください。

 生活支援について

1.視覚障害者の日常生活用具のあっせんや貸出を行っています。
2.視覚障害者地域交流ホームを併設しており、会議、研修、娯楽などの場所の提供を行っています。


 相談事業について

京都府の委託を受けた相談員が訪問で相談・支援をします。対象地域は綾部市・福知山市以北(京都府)です。
視覚障害者手帳の有無は問いませんので、まずはお電話ください。


 ←相談事業に関するリーフレット(PDF)がご覧になりたい方はこちら



 京都ロービジョンネットワークとは

京都府内の医療、教育、福祉及び視覚障害当事者団体が連携し、見えにくい・見えない方へ、支援に関する情報を提供することで、その方が望む生活を実現することを目的とした会です。
丹後視力障害者福祉センターも参加しています。
詳しくは、京都ロービジョンネットワークホームページ(https://kyoto-lowvision.net/)をご覧ください。


TOPにもどる