情報提供施設(点字図書館)
利用ガイド

 開館時間
・8時30分〜正午、13時〜17時15分
 休館日
・土曜、日曜、祝日、8月13日〜15日、12月29月〜1月3日
 対象者
・身体障害者手帳をお持ちの視覚障害者の方であれば、どなたでも無料で当館を利用することができます。
 初めてご利用される方
・登録の手続きが必要になります。郵便、電話、FAX、メールでお申し込み下さい。
 利用方法
・図書の貸出・返却は、郵送で行ないます。借りたい図書がある時は、電話・FAX、メールをいただくか、図書の返却時に書名等を書いた点字の手紙を同封して下さい。
 貸出期間
・点字図書・テープ図書・デイジー(CD)図書いずれも郵送期間を除く20日間です。止むを得ない事情の時は、届出をしていただくことで、延長することができます。
 責任
・図書を紛失または破損した場合は、その事情により弁償していただくことがあります。

  

ボランティアの養成


センターでは点訳ボランティア、音訳(朗読)ボランティア、デイジー(CD)図書編集ボランティアの養成を行なっています。

点訳は、普通字(墨字)のものを点字に変える活動です。点字器や点字タイプライターで一字一字コツコツ打つ時代から、現在ではパソコンによる点訳が主流となって来ています。

                      点訳奉仕員養成講習会
◎10回の講習で、点字器を使って点字と点訳の基礎を中心に学びます。希望者にはその後パソコン点訳の講習会を行なっています。

音訳(朗読)は普通字を音声化する活動です。現在ではパソコンによるデジタル録音が主流となっています。

                       朗読奉仕員養成講習会
◎京都府の委託を受けて、全12回の「京都府朗読奉仕員養成講習会」を実施しています。この講習会で朗読の基礎知識(鼻濁音、無声化、共通語アクセント、発声、発音等)とある程度の応用知識(文章の意味を正確に伝える読みの技術等)を学びます。

点訳・音訳ボランティアを目指す方は、毎年7月頃に開催されるそれぞれの「奉仕員養成講習会」を受講していただくことになります。募集要項は5月〜6月頃に宮津市以北の広報等でお知らせしています。定員は共に10名で、先着順になっています。
 ただ、募集時期や要項は変わることがありますので、ご注意下さい。

デイジー(CD)図書編集はテープ又はデジタル録音された録音図書をCD図書に編集することです。
どの活動も教養・知識などが必要とされる地味で根気のいる活動です。

◎講習会形式ではなく、希望者には適宜個人指導をしています。ご希望の方はセンターまでお問い合わせ下さい。

〒629-3101
京都府京丹後市網野町網野3081

丹後視力障害者福祉センター

電話 0772-72-0609  FAX 0772-72-0609

トップへもどる