施設の概要

 社会福祉法人丹後視力障害者福祉センターは、「京都府北部に視覚障害者の拠点施設が必要である」との京都府盲人協会長・故鳥居篤治郎先生をはじめ、網野町の視覚障害者に理解ある故人の土地提供並びに熱心な有志の方々、地元網野町のご協力、視覚障害者はもとより近隣の市町、善意ある諸団体、障害者福祉に理解ある多くの府民の皆さんのご支援などにより資金を集め、昭和50年(1975年)4月1日に開設されました。
 あい丹後では、視覚障害者の拠点施設として、第二種社会福祉事業の@視聴覚障害者情報提供施設(点字図書館)並びにセンターの経営A視覚障害者の相談支援事業B障害福祉サービス事業(同行援護)を行っています。
 視覚障害者に光を放ち丹後の海の風物詩で躍道感のある「いさり火」の施設として、皆さんのお力を借りながら、目的の達成のため前進してまいります。


主な沿革

昭和25年(1950年) 社団法人京都府盲人協会奥丹後支部結成
   43年(1968年) 網野町の有志の方から土地提供申出、網野町を中心に多くの方々などにより施設建設気高まる
   50年(1975年) 社会福祉法人丹後視力障害者福祉センター認可・開設。書庫新築
   52年(1977年) 録音室完成
   61年(1986年) 天皇陛下より御下賜金を拝受
平成 2年(1990年) 新築の本館(点字図書館、地域交流ホーム)完成
    3年(1991年) 点字による即時情報ネットワーク事業開始
   10年(1998年) 「てんやく広場」(「ない〜ぶネット」改称)に加入
   12年(2000年) 図書管理システム(N-LINK)導入
   15年(2003年) 身体障害者居宅介護等事業(移動介護)を開始

     18年(2006年) 地域生活支援事業(移動支援事業)を受託開始
    22年(2010年) 視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」(「ないーぶネット」等の統合
    24年(2012年) 障害者自立支援法による指定同行援護事業を開始

                  公募により愛称「あい丹後」、キャラクター「ふくりん」決定
     25年(2013年) 「Web図書館システム」導入(図書管理システムN-LINKより移行)

トップへもどる